読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

樋口三郎の授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

理工学部ネットワークにおけるファイヤウォール内=プロキシ下での OS X = macOS 再インストール

理工学部ネットワークはファイヤウォールの内側にあるため, Yosemite(10.10), El Capitan(10.11) あたりの OS X再インストール(起動時に Command-R や Command-Option-Rで始まるもの)が単純に進まないことがある. 典型的には, ハードウェアの確認のためのインストール情報の送信のところで止まってしまうことがある*1.

このときは, ツール>ターミナルを起動して

networksetup -setwebproxy Wi-Fi cache.st.ryukoku.ac.jp 8080
networksetup -setsecurewebproxy Wi-Fi cache.st.ryukoku.ac.jp 8080

などとすると再インストール中でもプロキシ proxy が設定でき, 再インストールが進むことがある.

理工学部ネットワークにおけるプロキシ設定については以下を参照.

*1:ネットワーク管理者の方はこのへんの事情をよくご存じで, Apple のサーバ向けの通信のためにファイヤウォールに穴を開けたりしてくださっているのだが, Appleのサーバのアドレスも不変ではないし一つではないのだろう. あるいは, そうしてくださっているからこの記事程度で済むということなのかも.