読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

樋口三郎の授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

確率統計☆演習IIで「瀬田龍大生調査プロジェクト」または(量的)社会調査実習zero

確率統計及び演習I,IIではいろんな確率分布を学ぶ+いろんな統計的仮説検定を学びますが, テストに正解せよ的な観点からは, ドーナツやフライドポテトの重さのデータがありました, 的な話になってしまいます. 答えたい問題から帰無仮説/対立仮説を考えて調査を設計するのも大事でしょ, ということで, 今年のIIから「瀬田龍大生調査プロジェクト」をやってます. 標本=授業参加者全体.

70名の参加者を20チームくらいに分けて, TA4名の支援のもとで, 普通教室での普通の授業数回の最後に短時間ずつチーム活動で紙の大福帳とmanaba courseのプロジェクトを何往復かして調査を設計, 今日の計算機実習室の授業1回分で, いっきに, 調査-分析-レポートまでやります.

賞をあげたい問題設定は「牛乳を好きな人は背が高いか」本当は男女の層別で調べるべきでしょうね. そういうところまでは伝えられてないし(社会統計学のすすめでお願いします), 1チームあたり質問紙の設問は2個以内で, って言ったからな〜

本当は口頭発表までやるといいけど, 20チームは無理だとすると, 各チームで動画を撮って提出, 最優秀チームは授業で発表かな〜