樋口三郎の授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

数学オンラインテスト Maple T.A. 2016.1 の作問ワークショップでの説明担当

Maple T.A. は, 数式処理システム(CAS) Maple をバックエンドに持つ数学オンラインテスト(eラーニング). 龍谷大学理工学部では入学前教育, 初年次教育に Maple T.A. 2016.1 を利用しています. 問題は, 基本的には教員が仕様を書いて, 数理情報学科/専攻の大学院生/学部生のアルバイトの方が実装してくれます*1.

アルバイトの方々が, Maple T.A. の仕組みを学び, 実装の練習をされるということで, 説明を担当させていただきました. 数学の研究に Maple を使っている研究室もあるので, maple(“”)の中に入れば樋口よりよっぽど詳しい人がたくさんいます.

操作系の説明には, 各自が pause/play できる動画メディアが適しているということで作成.


Maple T.A. 2016.1 での作問 多項式の商と余り


Maple T.A. 2016.1 での作問 多項式の因数分解 ランダムに決めた答から問を作る

*1:アルゴリズム・プログラミングは数理情報学科の学生さんの専門領域のひとつです.