樋口三郎の授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

Windows XP SP2 で sus(wsus)から自動更新にもどす

現在の(SP2の?) Windows 2000(SP4?)/XP(SP2?)にはコントロールパネルに自動更新という項目があり, Windows UpdateでWi配布される更新プログラムを自動的にダウンロード, インストールすることができる. また, Windows Update はfirewallの内側にいても問題なく実行できる.

かつて(2002年ごろ)には事情はそう簡単でなく, 学内(firewallの内側)では, sus(現在はwsusに進化している)による更新プログラムの適用を, やや複雑な設定により自動化することが推奨されていた. 当時そのような設定を行ったマシンは, マイコンピュータ>プロパティ>自動更新のページにおいては, 自動更新(推奨)にチェックがはいった状態でグレーアウトしている(そして(susからwsusに移行したため?)自動更新が意図したように実行されなくなっている?またこの画面からインストールの時刻を変更したりできなくなっている). また, 最初からだが, 学外においてはWindows Updateが利用できなくなっている. これを通常の自動更新に戻したい.

基本的には

Windows Software Update Services (WSUS) の利用方法

http://www.st.ryukoku.ac.jp/security/windows/sus/

の作業を取り消せばいいみたい. 管理者になって,グループポリシーエディタ(gpedit.msc)で,

コンピュータの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Windows Updateの各項目を未設定にすればいい. そうするとグレーアウトしていたラジオボタンが元に戻る

あるいはgpedit.mscでコンピュータの構成>管理用テンプレートで右クリックして, テンプレートの追加と削除でwuauを削除しちゃってもいい.

たぶん独立な問題だが, これだけだととWindows Updateのエラー番号: 0x80072EFDで更新に失敗することがあった. その場合,

さらに次の2個を行うことが必要だった.

  • Windows Update サイトにアクセスしようとすると 0x80072EFD エラーが表示される

http://support.microsoft.com/kb/875273/JA/

  • Windows Update の使用時にエラー メッセージ "[エラー番号: 0x80072EE2]" または "[エラー番号: 0x80072EFD]" が表示される

http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;836941

広告を非表示にする