読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

樋口三郎の授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

2017年度特別研究メンバーの3月のミーティング

4年生

特別研究(卒業研究)は, 科目としては4月から開始するわけですが, Team539 の人々は, 2週間に1回くらいのペースでミーティングしています. とは言っても, 3月1日からは就職活動=広報活動もあるので, 7人全員がそろうということはなかなかありません. 学内でも説明会があるので, それとうまくつながると効率よいのですが.

今日は, 研究計画の相談や, 論文紹介や, エントリーシート作成の相談などをやってました.

第13回 統計教育の方法論ワークショップで「大学の確率・統計教育における LMS と数学オンラインテストの利用」を発表

発表 Moodle STACK 数学オンラインテスト

2017-03-03金, 第13回 統計教育の方法論ワークショップ (政策研究大学院大学)で, 「大学の確率・統計教育における LMS と数学オンラインテストの利用」と題して確率統計☆演習I計算科学☆実習B でのSTACK の使用について発表しました.

  • 樋口三郎, 大学の確率・統計教育における LMS と数学オンラインテストの利用, 統計教育実践研究第9巻, 25-28, 2017年3月, 統計数理研究所共同研究リポート379

全学「学生による学期末授業アンケート」結果の公開(2016年度後期)

授業 授業アンケート 確率統計☆演習 理論物理学特論

龍谷大学学修支援・教育開発センターが実施する全学の授業アンケートにご協力ありがとうございました.

Team539メンバーが教育システム情報学会関西支部学生発表会で発表

発表 Team539

Team539メンバーが教育システム情報学会関西支部学生発表会でポスター発表してきました.

2017年度特別研究メンバーの2月のミーティング

4年生 3年生

特別研究(卒業研究)は, 科目としては4月から開始するわけですが, 樋口を指導教員としている Team539 の人々は, 就職活動中の貴重な時間を割いて, 2週間に1回くらいのペースでミーティングしています. 今日は上の学年の特別研究審査会後の合同ミーティングの次の回.

hig3r.hatenadiary.com

今年度は, PHPSQLによるサーバサイドプログラミングを, 4月までに全員の共通のバックグラウンドにしておく作戦です. 教科書はこれ. 環境は XAMPP.

独習PHP 第3版

独習PHP 第3版

大学院生向け Maple T.A.作問ワークショップを実施

Maple T.A. 数学オンラインテスト 大学院

アルバイトをお願いしている大学院生の方々の一部に, Maple T.A. での問題作成についての長い業務指示(樋口の側から見ると「実習室での授業+実習」のようなもの)の後, 紙の問題とオンラインテスト化仕様をお渡しし, 実際に問題を作成してもらいました.

これまで, 数学オンラインテスト Maple T.A. の作問は,

  • 紙の問題をもとに, 大学院生が, ランダム化なし, 代数等価で実装する
  • 教員が書いた仕様とテンプレートをもとに, 数学とプログラミングに熟練した大学院生が実装し, 教員や大学院生がテストする
  • 教員による実装と仕様をもとに, 数学に熟練した大学院生がテストする

などの手順でやってきましたが, より広い範囲を多くの大学院生の方々にやっていただくための一手です. という正当化をしてみたものの, 樋口の理解がやっと「実習室での授業+実習」で一斉説明できるレベルになってきたということかと.

特に線形代数のように答がひとつに定まらない問題(例「この部分線形空間の正規直交基底を1組求めよ」)の実装は, 線形代数の学習としても意味があるんじゃないかという仮説をたててみてます. 数学の作問学習というのは(特に小学校数学などのエリアで)盛んに研究されているわけですが, これは…共通するところと異なるところがありますね.

武蔵野大学龍谷大学連携シンポジウムに参加

2017-02-11, 武蔵野大学龍谷大学連携シンポジウム(武蔵野大学)でお話しさせていただきました.写真を見ると…MCMCのSkew Detailed Balance Conditionっぽいですね. 本体部分はスライドでやりました. 龍谷大学と武蔵野大学との連携シンポジウムを開催しました。|理工学部|龍谷大学(りゅうこくだいがく)