樋口三郎の授業情報@龍谷大学先端理工学部数理・情報科学課程

樋口三郎の授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科(滋賀県大津市瀬田)

manaba course への提出レポートを学生別に整理するには

商用LMSのmanaba courseでは, 学生さんの提出したレポートのテキストやファイルを教員がレポート課題ごとに全学生分まとめてダウンロードすることができます. これらを, 複数の課題串刺しで, 学生別に並べ替えや分類したい, ことがあると思います.

個々の学生の提出物を一覧するmanabaの機能としてはポートフォリオがあります. しかし, レポート設定時にポートフォリオへの保存を指定しておかなければいけませんし, ローカルマシンへの一括ダウンロードはできないと思います.

Windows の場合, 次の手順で, ダウンロードしたファイルを学生順に並べかえることができます. assignments のサブフォルダ allの中に, ファイル名=学籍番号 順にソートできる状態ですべての提出ファイルがコピーされると思います.

  1. 「提出物を1つのフォルダにまとめる 」にチェックを入れ, 課題ごとに zip をダウンロードする.
  2. 空のフォルダ(例) assignments を作り, その中にすべての zip を「すべて展開」する. (例) report-933913-1007977 など複数のサブフォルダができ, その中に .txt などの学生別ファイルがはいっている状態になる.
  3. assignments 内に, 次のバッチファイル collect.bat をメモ帳などで作る. 環境によっては, 半角\が半角¥と表示されることもある. 1.コマンドプロンプト起動. cd assignments した後, collect.bat を実行.

manaba の複数レポート課題提出物を学籍ソートできる形にコピー

オンライン入力レポートの場合は, 学生ごとに report.txt というファイル1個だけが提出されたかのような状態になる. この場合も上の方法は適用可能. さらに, テキストファイルを連結して1個にしたいと思うかもしれない. その場合は次のバッチファイルで.

manaba の複数オンライン入力レポート課題提出物を学生別に連結

ここではWindowsコマンドプロンプトのバッチファイルで書きましたが, もちろん, Python, Ruby, Perl などの言語で同様のことができます.

[改訂新版]Windowsコマンドプロンプトポケットリファレンス

[改訂新版]Windowsコマンドプロンプトポケットリファレンス

  • 作者:山近 慶一
  • 発売日: 2016/03/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

Bunch of Papers

Zoom雑談会「4年での大学院受験計画」(2020-07-09木昼)

オープンレクチャーというけど, 実質Zoom雑談会の「4年での大学院受験計画」をやりました.

数理情報学専攻では, 3年次2月の学力認定試験, 4年次5月の推薦入試を経て大学院に進む人が多いです. が, 他大学大学院進学を希望する場合は, 推薦であれ一般であれ, 7-9月の時期に入試があります. また, 推薦入試の時期には興味がなかったけどやはり数理情報学専攻の大学院に進もうと考え直した人, は4年次9月に一般入試を受けることになります. これらの, 「夏に受験する人」向けに, 経験者の大学院生がアドバイする, という趣旨です*1.

当日は, これから学力認定試験を考える3年生や, 1,2年生のみなさんも来てくれました.

こういう短時間の説明会や座談会は, 短い昼休みに場所移動するよりも, オンラインのほうがやりやすいですね.

演習 大学院入試問題[数学]I

演習 大学院入試問題[数学]I

*1:就職主任の4年生支援の一環です

数理情報セミナー履修説明会(2020)で LINE bot and Teams bot with Node.js / JavaScript

数理情報学科の3年後期の少人数セミナーである数理情報セミナーの履修説明会. まあ研究室配属のようなもの. 樋口のテーマは Chatbot. 資料や相談会の案内はここ. 去年からはNode.js (server-side JavaScript) を使ってますが, LINE bot と Teams bot どちらをやろうかな.

LINE BOTを作ろう!  Messaging APIを使ったチャットボットの基礎と利用例

LINE BOTを作ろう! Messaging APIを使ったチャットボットの基礎と利用例

  • 作者:立花 翔
  • 発売日: 2017/05/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

プログラミングBot Framework (マイクロソフト関連書)

プログラミングBot Framework (マイクロソフト関連書)

  • 作者:Joe Mayo
  • 発売日: 2018/10/27
  • メディア: 単行本

龍谷大学瀬田学舎のPCでビデオ会議に参加するためのヘッドセット・イヤフォン・マイク・カメラ準備

大前提:開室・貸出実施状況

2020年6月現在, 入構制限を行っています. セルフラーニング室や機器貸出の運用状況も平常と異なります. 確認してください.

実習室とメディア機器貸出

ソフトウェア

Microsoft Teams, Zoom のアプリはインストールされていません. Microsoft Teams, Zoom, Google Meet とも ブラウザ版を使ってください. Google Chrome はインストールされています.

ヘッドセット・カメラ

ヘッドセットについて, 現状に基づいて大胆にお奨めをするなら, 数の少ない貸出には頼らず, すでに持っている, または100円ショップなどで売っている安価な4極ヘッドセット*1を使い, 実習室PC用には変換ケーブル*2を使う, ことをお奨めします. ビデオ会議が特に多い人は, USBヘッドセット*3を持つことを検討してもいいでしょう.

CALL教室PC*4 実習室PC(CALL以外) 貸出 Windows ノートPC 貸出 MacBook
機種 Thinkpad T440s MacBook Air 13-inch Early 2014, 4GB memory, 1.4GHz Intel Core i5, macOS 10.13.6 High Sierra
備付ヘッドセット × × ×
内蔵スピーカー/マイク × ×
持込/貸出USBヘッドセット*5
持込4極ヘッドセット*6 *7 *8 *9 *10
持込/貸出3極x2ヘッドセット*11 *12 *13 *14 *15
持込Lightningヘッドセット × × × ×
持込Bluetoothヘッドセット ×*16 × ×? ○?
内蔵カメラ × × ×
持込/貸出Webカメラ ○?
スマホWebカメラ使用*17 × × × ×

貸出

ヘッドセット・カメラは, セルフラーニング室でその場での利用に少数を, またメディア機器貸出で学内使用向けに予約して, 貸し出しています.

そもそも論

ぜんぶをPCでやる必要はありません. スマホWi-Fiにつないで, PCの併用で, 音声(両方向)や学生映像の送信はスマホ, 教員映像(受信)や画面共有(双方向)や 課題やテストはPCでやるのもありです. Teams や Meet では複数の端末から同時にログインできます. スマホにふだん使ってるヘッドセットをつなげばハウリングの危険も小さくできます.

hig3r.hatenadiary.com

microphone

*1:スマホタブレットなどでよく使われ, 100円ショップなどでも売っている.

*2:

と同種のもの

*3:

*4:3-B106, 107, 2-119

*5:

*6:スマホタブレットなどでよく使われ, 100円ショップなどでも売っている.

*7:要変換ケーブル

*8:要変換ケーブル

*9:f:id:hig3:20200622104025j:plain

*10:f:id:hig3:20200622104016j:plainヘッドホンマークだが実はヘッドセット

*11:

*12:f:id:hig3:20200622104005j:plain

*13:f:id:hig3:20200622104005j:plain

*14:要変換ケーブル

*15:要変換ケーブル

*16:自前のBluetooth送信機をUSBに挿しても動作しない

*17:iVCam - Use mobile phone as a PC webcam | E2ESOFT Turn your phone into a wireless webcam - Kinoni ‎「NDI HX Camera」をApp Storeで PCにつながなくても, PCスマホ併用で, 映像音声はスマホでやるというのもあり.

瀬田学舎8-102講義室での講時内ハイブリッド授業(ライブ配信)の実験 教室AVシステムとビデオ会議で

講時内ハイブリッド授業はメディア授業(同時双方向型)

初等中等教育で行われている「ハイブリッド授業」すなわち, 教室内の教員生徒と, オンライン(自宅)の生徒で行う形態の授業は, 高等教育(大学)に置きかえると, メディア授業告示*1第1号の同時双方向型(テレビ会議型)(で, 2020年度前期はサブ会場を学生自宅にできる扱い)に相当する*2.

大学の講時内ハイブリッド授業では教室AVシステムとの接続が必要

小中高等学校と異なり, 大学には大きな教室もあり, 教員や学生の声が教室備付のマイクを通さないと全体に聞こえない, 提示映像を教室の(複数)プロジェクターやディスプレイに出さないと全体から見えない, 場合がある. これとリモート側とを接続する必要がある. そういう場合を想定した実験を以下で述べる.

注意

この記事で解説しているやり方は, 2020-09-02ごろに検討されている授業モデル(マイクとして, PC本体のもの, PCに有線接続された会議スピーカーを使うもの)とは異なります.

parabola

実例で: Microsoft Teams + MacBook + 龍谷大学瀬田学舎8-102

両側に資料提示

PCのデスクトップまたはウィンドウをTeamsで画面共有, PCの外部ディスプレイ出力を教卓の「ノートPC」画像入力に接続. 教室の「送出選択」で「ノートPC」を選択

カメラ映像をリモート側のみに送りたい場合

PCのカメラで撮った(たとえば黒板の)画像をリモート側に送りたい場合, 教員の顔画像として使うこともできるが, 最小化されたり, グリッド表示のひとつとなったりしないようにする必要がある. 別アプリケーションでいったんウィンドウとして表示して, それを画面共有すれば, 必ず大きく表示される.

教室のマイク音声をリモートに送る

教卓の「収録用出力」をPCの音声入力(マイク入力やオーディオインターフェースのLINE入力)に接続. Teamsのマイクロフォン入力としてこれを選ぶ.

リモートの音声を教室のスピーカーに送る

PCの音声出力(ヘッドフォンやオーディオインターフェースのLINE出力)を教室の「ノートPC」*3音声入力に接続. Teams のスピーカーとしてもこれを選ぶ.

f:id:hig3:20200618130557j:plain f:id:hig3:20200605094320j:plain

手順の動画(教室のマイク音声の部分はやってません)

youtu.be

エコーやハウリングは, 対面側にもリモート側にも起きなかった*4.

PCにはマイク入力, ヘッドフォン出力があるので, 何段階かの変換を経て「ノートPC」音声入力, 「収録用出力」音声のLINEにつなくぐことも可能だろうが, 変換のたびにノイズを拾うし, レベルの調整の問題もあるので, LINE入出力を持つ USB オーディオインターフェースを追加するのが賢明だろう.

また, 「リモートの音声を教室のスピーカーに送る」が不要であれば, 入力のみ持つビデオキャプチャバイスの音声のみを使うこともできる.

龍谷大学瀬田学舎8-102(たぶん101, B10?も同じ)の事情

収録用出力のオーディオLINE出力からスピーカー出力と同じもの(少なくともマイク)が出ていたからこういうことができたわけだが, コンポジット映像(黄色)からは何が出ているのか?

実験したところ, この映像には, DVD/Blurayプレイヤー, VHSプレイヤーの出力のうち(モニターでなく)プロジェクターへの送出に選択されたものが出ている. 設置PC, 持込PC, OHCの出力が出ることはない. 外部映像入力について未検証. オーディオも, おそらくマイクの音声にDVD/Bluray/VHSの音声が乗るのだろう*5

コピープロテクトのかかったDVD/Bluray/VHSの公衆送信は, 2020年度以降の授業利用であっても許容されないという見解もあるので慎重に.

macOSの事情

今回は MacBook Pro 2017, macOS 10.15 Catalina で試した.

最近の MacBook にはイヤフォンとマイクを兼ねた4極の差込口があるが, 上でも書いたように USB オーディオインターフェースを追加するのが賢明だろう. 今回はベリンガー 2入力2出力 デジタル出力搭載USBオーディオインターフェース ホワイト UCA202 U-CONTROLを給電ありのUSB-C hub を経由して接続した*6.

ディスプレイ上についているカメラの画像を, 画面共有のためにウィンドウ内に出すには, Teamsアプリ自身や, macOSについてくるQuick Time Player が使える.

ビデオ会議システムによる違い(Microsoft Teams, Google Meet, Zoom)

上の例はMicrosoft Teams だが, マイクとスピーカーの設定を読み替えれば, Google Meet, Zoom でも同様と思われる. ただし, ノイズやエコーやハウリングを低減するクラウド側のシステムの特性はビデオ会議システムごとに異なるので, これらの点については実験する必要がある.

*1:平成13年文部科学省告示第51号(大学設置基準第二十五条第二項の規定に基づく大学が履修させるこ とができる授業等

*2:科目の回の一部がメディア授業になる科目内ハイブリッド授業は従来から認められているもの, 学部学科の一部の科目が対面で一部の科目がオンラインとなるプログラム内ハイブリッド授業は, 大学設置基準第 32 条第5項の定める卒業単位のうち60単位以下を学則で定めてメディア授業とできる

*3:「外部入力」ではない. 映像と音声は組として「送出選択」されるので

*4:すなわち, 京都大学 Panda/Zoom/Kaltura利用支援サイト 複数端末を利用する場合の注意(エコーを起こさないために) の図「マイナスワン対応の場合」の状況になっているものと思われる.

*5:プロジェクターへの送出に選択されたすべての映像, スピーカーにでるすべての音声が出るなら, より完全な配信/録画が, DVDレコーダーや専用機 アイ・オー・データ I-O DATA アナ録 GVVCBOX/8L ビデオキャプチャーBOX SDHC8GB セットモデル SDHC8GBセットビデオキャプチャビデオキャプチャー デジタルデータ化 USB接続 PC/DVD等にデジタル保存Windows・Mac対応 ブラックで行えるわけだが, そういうものではなかった. よっぽどOHCをそっと教卓から剥がして黒板を映すのに使おうかと思ったのだが. アップスキャンコンバータは入ってないのね.

*6:ビデオキャプチャー デジタルデータ化 USB接続 PC/DVD等にデジタル保存Windows・Mac対応 ブラックと類似の製品は, 2010年頃からあって, 複数個持っていたのを順に試したが, 古いものは 設定>サウンド>入力 に現れ選択できる形で現れるものの, ドライバが非対応なのか, 音声入力に反応しなかった. 使用可能だったのは上であげたもののみ]

Microsoft Teams で学生さんからの1:1質問を受けるには? 匿名質問箱Bot作りました

Microsoft Teams とは

Microsoft Teamsはビデオ会議を含むビジネスチャット. ビデオ会議部分はZoomと比べられ, 同時双方向のオンライン授業にも使える.

Teams には永続するチームとチャネルがあり, Office365とも連携して, 1学期間継続する授業を一貫して運営するLMS(学習管理システム)としても使える.

龍谷大学先端/理工学部では, 2019年度後期から Microsoft Teams を授業で, また, 学生サポートで利用している.

Teams で学生が教員に質問するには?

チャネルで質問

チャネルで質問すると, 問はチームメンバー=受講者全体に伝わる. 教員や質問用タグにメンションして, または, 質問専用チャネルで投稿して, で質問であることを示す.

  • Pros 学生が以前の問と答を参照することで, 同じ問が繰り返されない. 教員以外からの答も可能. 他の人からも見える質問を書くことで, 他の人の問を読むことで, 思考が促される
  • Cons 個人的な状況に関わる問はしにくい. 他の学生の目を気にして質問しにくいことが起きうる. 正解を暴露することになる解答はしにくい.

教員との(グループ)チャットで質問

グループチャットではの質問では, グループに属している少人数だけで問と答が共有される. 小さいプライベートチャネルにも似た面がある.

  • Pros 個人的な状況に応じた問と答ができる. 答を他の人に公開してしまう心配なしに, 問題について議論できる.
  • Cons 教員は頻繁に同じ問に答えることになる*1 「 チャットで質問(選んで)チャネルで回答」である程度は防げる.

チャネルで質問チャットで回答

チャネルで質問の順序だけを整理する方法(「質問」だけ書く方法, 概要を書く方法). 回答はテキストと限らず, 音声や画面共有もありうる.

Teams の匿名質問箱

匿名質問箱とは

質問者はWebインターフェースから匿名で特定の回答者に質問を投稿し, 回答者は選んだ質問だけにSNS(多くの場合Twitter)で回答する. チャネルで質問とチャットで質問の中間的と言える面もあり, また質問者が匿名という意味でこれらと根本的に異なるとも言える. Pros and Cons … 書くまでもないですね.

Microsoft Power Automate で匿名質問箱

Teams と親和性の高いMicrosoft Formsの匿名フォームで匿名質問ができるのは明らか. ここでは, 質問箱的なものが作れるのは明らか.

以下は, 自動化サービス Microsoft Power Automate で自動 Flow (何らかのトリガーで, いくつかのアクションを行う手続き)を使って, 近い使用感を再現したというレポート. 次のような動作.

  • 質問者が, チャネル内やタブからリンクやURLから, Organization の Microsoft アカウントでログインして, 特定の Form に到達する.
  • 質問者が, 質問を投稿する. 質問者の Microsoft アカウントは記録されない(匿名).
    • 画像を添付すると, Form が owner の OneDrive に保存する
  • Flow が投稿をトリガーとして起動される.
  • Flow がハードコードされた回答者のメールアドレスに承認依頼通知メールを送る.
  • 回答者がメール内の承認ボタンを押すと, Power Automate 内の承認ページに飛ばされる.
  • 回答者が承認をクリックする
    • Flow が 画像を SharePoint 経由で OneDrive から Teams のチャネルの ShrarePoint フォルダにコピー. コピー元コピー先ともハードコード. 継承により, 画像ファイルにチームメンバーへの閲覧が許可される.
  • FlowBot を投稿者として Teams に質問内容が投稿される. チャネルはハードコード.
    • チャネルの SharePoint 上の画像ファイルのURLが付加される. メッセージ内に展開はされない.
      • https://(サイト名).sharepoint.com/sites/(チーム識別子)/Shared%20Documents/(作成時のチャネル名)/(画像ファイル名)

f:id:hig3:20200531104600p:plain

Flow はこんな感じ. Flow を不特定多数の方と共有するいい方法はなくて, みんなこういう画像で出してる. メールでテンプレートを送ることはできるらしいのでご連絡ください.

f:id:hig3:20200531104645p:plain

制限

画像アップロードありにしたときは, 上記のように匿名に作っていても, SharePoint に質問者を owner とした画像ファイルが残ってしまいます. 上の flowはそうなってませんが, 自動消去しとく必要があります. また, 質問者名のはいったSharePointからのアップロード自動通知メールが来てしまいます. メールはGmailのフィルタなどで見る前に消去する必要があります.

消去前に見ちゃうことはできる…けど, しょせん, 教員が内証ですべて実は記名にしておくこともできちゃうわけで, ここに制限を正直に記述して信じてもらうしかありません. そういう意味では, flow を read only 公開できるといいんですけどね.

実装上の考慮

  • チームで共有されるグループ Form にすると, 画像の閲覧許可のためにコピーするようなややこしい処理は不要になる. が, チームメンバーがすべての投稿を閲覧したり, Form を書き替えていつのまにか匿名じゃなくしたりできてしまうので, 授業には適さない.
  • Form 所有者の OneDrive に置かれた画像に共有リンクを発行することもできるが, Organization 全体への閲覧許可, しか選択できない.
  • チーム名は識別子(当初のチーム名?), チャネル指定は当初のチャネル名, など, チーム owner にもすぐにはわからない情報が必要.
  • HTMLで投稿できるアクションもあるが, 投稿者が Flow owner になってしまう.

拡張

チャネルに投稿でなく, 教員にチャットにするのは容易. でも, チャットが匿名(flow bot または自分からのチャットになる)だったらチャネルで答えるしかないですよね?

教員に対して記名の質問を, 匿名でチャネルに flow bot が投稿, は容易.

Q&A Bot とかでは, 質問から自動的に回答を作るところに関心があることが多いが, この記事はそういう方向ではなかった.

hig3r.hatenadiary.com

プログラミングBot Framework (マイクロソフト関連書)

プログラミングBot Framework (マイクロソフト関連書)

  • 作者:Joe Mayo
  • 発売日: 2018/10/27
  • メディア: 単行本

*1:Teams では発言とともに表示されるユーザアイコンから, 他のユーザがチャット(テキスト,音声,ビデオ)を開始できるので, 「教員がメールアドレスを公表していない」ことは起こらない. 実際, 学生さんは自然に教員にチャットして質問する.

manaba で学生さんからの1:1質問を受ける/回答するには「個別指導コレクション」

学生からの1:1質問とは?

manaba にはスレッド(掲示板)*1という機能があり, 教員の設定と無関係に, 学生が科目の質問や意見を書き込める*2. 書き込んだ内容は教員と全受講者が読むことができる.

このことを利用して, 龍谷大学の2020年度前期のオンライン授業下では, 学生が教員への問合せ, 質問をしたいときはスレッドに書き込むことが推奨されている.

もちろん, 教員がメールアドレス, Microsoft Team アカウントなどを公開している場合は学生はそれらで質問することができる*3. ここでは, 学生が, 他の学生に公開することなく, 教員に質問や問合せを manaba 内でだけで行える*4, 教員はどの学生からの質問かわかる, ようにする設定を説明する*5

方法

スレッドのすぐ上にある「個別指導(コレクション)」で, 「個別指導コレクションの作成を学生に「許可する」」設定をして, 「スレッドと個別指導コレクションの両方で質問・回答する」ことを明示することを推奨する. レポートやプロジェクトを使う方法もある.

q-and-a

個別指導コレクション

龍谷大学manabaでは有効になっているオプション機能*6. 教員と学生の間で1対1の「交換日記」をすることのできる機能. 「個別指導コレクションの作成を学生に「許可する」」設定をしておくと, 学生側から話しかけることができるようになる. manaba 内の専用1対1メールシステム, ということもできるだろう.

hig3r.hatenadiary.com

  • Cons 教員の回答を臨時にクラス全体に公開したり, あるグループの学生に同じ回答をしたいときは, コピー&ペーストを繰り返さなければならない

既存のレポートのコメント

「提出者本人と教員のみ閲覧・コメント可(個別指導)」の設定にしておくと, レポートの採点後にコメントの往復で質問・回答ができる.

質問専用レポート

「質問があれば書いてください」のようなオンライン入力レポート*7を設けることができる. 「提出者本人と教員のみ閲覧・コメント可(個別指導)」の設定にしておく. 回答は講評またはコメントに書く.

  • Cons 複数回の質問を可能にするには, 再提出を許可しておく(前回の質問-回答は消される)か, 毎回教員が再提出を要求しなければいけない.

質問専用プロジェクト

学生1名ごとにチームを作ると, 教員-学生間の1対1のスレッドとして使える*8.

  • Cons 学生1名ごとにチームを作るには学生の人数だけのクリックが必要.

学生からの1:1質問って必要なの?

掲示板での「公開」質問にはいいことしかないように思える. 公開の場での質問を書くことにより学生は理解しやすい質問を吟味して書く. 質問によって他の学生の理解が深まる. 回答が全員に共有されるので, 教員は同じ答を複数回する必要がない. そして教員は学生がよい質問をするのを見ると心地よい. それに対して他の学生がよい答をするのを見るともっと心地よい.

学生は, 科目内で大きな被害を受けずに試行と失敗を繰り返す機会を持つことが望ましい. 他の人にとって無用な質問でも,本人にとって重要な質問を, 気まずくならずにできる環境が望ましい.

学生の概念の認知の過程は人それぞれであり, ある人の疑問が他の人の共感を得るとは限らない. 共感をもって受容されるには, あるいは共感もって受容されると確信できるには, 受講者間で信頼が醸成されていることが必要である.

オンライン授業下では, 対面ならできる学生間の会話での疑問の解決が起きにくい. 授業後に教員をつかまえて質問するような自然な1:1質問機会が少ない. また, 受講者間の信頼の醸成には時間がかかる. したがって, manaba などのLMS上では, 公開の質問と, 1:1の質問を併用することが必要と考える.

manaba.jp

*1:https://doc.manaba.jp/doc/course2-manual/teacher2.94/ja/#menu-08

*2:教員が投稿に気づくにはリマインダ設定しておくとよい https://doc.manaba.jp/doc/course2-manual/teacher2.94/ja/#menu-01-03

*3:例えば先端理工学部では全学部生向けに全専任教員のメールアドレスが公開されている

*4:すなわち, メールは禁じ手とする

*5:Twitterなどにある匿名質問箱は, 誰からの質問か回答者にもわからない, 回答は質問者個人でなく全体に対してしか行えない, 点で, ここでいう1:1質問とは異なる

*6:https://doc.manaba.jp/doc/online-help/coursecollection_teacher_ja/

*7:https://doc.manaba.jp/doc/course2-manual/teacher2.94/ja/#menu-05-01

*8:https://doc.manaba.jp/doc/course2-manual/teacher2.94/ja/#menu-09