樋口三郎の授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

MacBook Pro with Touch Bar はファイヤウォール内でソフトウェアアップデートできない

研究部PCサポート室の方に教えていただきました. 龍谷大学ネットワークのように80や443 port を通さないファイヤウォールがある場合, MacBook Pro with Touch Bar は, そのままではソフトウェアアップデートできないことがあるのだそうです. 再起動時に次のようなメッセージがでて進めなくなります. Wi-Fi か wired かは関係ありません.

お使いのMacには重要なソフトウェア・アップデートが必要ですが, このアップデートのインストール中にエラーが起きました. お使いのMacは, このアップデートをインストールするまでは使用できません.

ダイアログの選択肢:システム終了, もう一度接続

別の段階の English のメッセージ

A critical software update is required for your Mac. To install this update you need to connect to a network. Select a Wi-Fi network below, or click Other Network Options to connect to the Internet using other network devices.

なお, Shift を押しながら起動するセーフモードでは問題なく起動します. しかしセーフモードでアップデートを完了することはできません. なぜこんなことがハードウェアに依存するのか理解不能ですが, とにかく下のように説明されています.

support.apple.com

対症療法としては,

  • (龍谷大学での eduroam や)公衆回線のtetheringのような, ファイヤウォールのない, プロキシが不要なネットワーク接続をする
  • 環境設定 > AppStore でアップデートの自動的な確認を禁止し, 上記のようなネットワーク接続をしたタイミングでのみ, ソフトウェアアップデートを手動で行う
  • 管理者にお願いして, このhost:portに限定してファイヤウォールの制限を解除していただく

などが考えられます.

hig3r.hatenadiary.com

hig3r.hatenadiary.com