樋口三郎の授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

成績疑義の結果

成績疑義とは, 各科目の最終的な成績(0-100点)が通知されたときに, それは計算ミスでは?とか, あの答案がその点というのは納得できない, というときに, 教務課経由で教員に再チェックや説明を求める制度です. これに対する応答として, 計算ミスの有無, 説明の文章の他に, 答案とその採点や, 点数の内訳(レポート,期末試験など)が開示されることもあります.

生活の中の統計技術,現象の数学Bとも今学期は成績疑義の提出はありませんでした. 最近は樋口の科目ではあまりないんですが, これは学生さんの権利なんで, 遠慮なく出してくださいね. ただ, 事務の方々は制度の趣旨に沿って運営されてますんで, 成績疑義を提出しに行くときには, 制度の趣旨に沿った成績疑義だということが明確に説明できるように用意していった方がいいと思います. 例えば, 学期途中で小テストやレポートの点が通知されているときは, その答案・データを持って行くとか. 出席しての活動が大事な科目なら出席してとったノートを持って行くとか.

疑義が少ないのは, 採点済答案や点数の内訳がWebやLMSで事前に見られるようになってるので, それで納得してもらえてるってことかな~見られるからこそ計算ミス(←あってはいけない)を発見しやすいってこともあると思うんですが.