樋口三郎の授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

内蔵DVDの壊れたMac miniへの外付DVDを用いたLeopardとWindows XP SP2 in BootCamp partitionインストール

要約

内蔵DVD-Rの壊れたmac miniで, USB接続の外部DVD-Rを使ってLeopardクリーンインストールは可能だった. しかし, USB接続, Firewire接続どちらの外部DVD-Rでも BootCamp による(内部HDDへの)Windows XP SP2 の導入はできないみたい. 世の中では, Firewire接続のデバイスからはブートできる, USB接続ではだめ, とよく書いてあるが.

初めの状況

Mac miniintel CPUの第1世代. Tiger の BootCamp beta の出た頃に内蔵HDDを少しtrickyなことをやって, Tiger(HFS)/HOME(FAT32)/Windows XP(NTFS)と3分割していた. Tiger の/Users/me をHOME内のフォルダへのリンクにしていたのだが, 意外にこれで正常に動作しなくなるソフトウェアが多かった. HOMEをつぶそうとしたのだが, サポート外の3分割であるためか, BootCampアシスタントによるサイズ変更ができなくなっていた.

さらにいくつか問題が. dmgがマウントできなくなった. ディスクユーティリィやオートマウンタが開けなくなった。BootCampはbeta配布が終了しBootCampアシスタントは開けなくなるというけど関係ある? さらに内蔵DVDが故障してどんなディスクをいれてもすぐejectされる. さらにLeopard発売.

これを機会にLeopardをいれて, BootCampアシスタントでパーティションきり直してWindows XPいれ直したいが, 内蔵DVDがこわれてるとするとどうする?

Lopardのインストール

まずはIO DataのUSB接続DVDドライブiUH2を持ってくる. 普通に認識される. ここにLeopardのDVDをいれて, インストーラを起動. DVDの整合性を確認する途中でエラーを出したり,整合性チェックをスキップすると, ソフトがありませんと言われたり,散々な目にあう. ブート可能なのはUSBでなくIEEE1394接続のみ, などという記事も目に入る. しかし何度か繰り返すうちに, 整合性チェックをクリアし, ブート(?)もできて普通にインストールできた.

BootCamp

USB HDDにBootCamp Partitionをインストールする裏技と言う記事はよく見るが,USB DVDからBootCamp Partitionをインストールするという記事はあまり見ない. 内蔵DVDなんてそんなに壊れるものじゃないってこと?

iUH2だとうまくいかない. BootCampアシスタントでWindowsインストールディスクから再起動しようとすると灰色の画面で固まってしまう。環境設定の起動ディスクからiUH2を選ぶことはできるが, 起動時にmacの絵と行き止まりマークが振動する状態になってしまう。

Panasonic KXL-CB35ANS USB DVD も同様.

これはUSBデバイスからは起動できないという話かと思い, IO Data DVR-UEH8で試すことにする. これはUSB2.0/IEEE1394両方で接続可能なのでIEEE1394で接続. こんどは画面の真ん中に小さく(640x480?)黒地に白で No bootable device. --- Insert boot disk and press any keyと表示される. これは内蔵ドライブにないってことか? DVR-UEH8は(IEEE1394だけあり?)ブート時にAltキーを押していると, boot device として選択肢の一つに現れるが, 選ぶと最終的には No bootable device となる. ちなみにいれているCD-Rは, XP Professional にSP2を追加して焼いたもの. これがいけないって可能性ある?