樋口三郎の授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

合成微分

完璧に実行するのって難しいですね.

  • g(f(x))っていう形だけ説明したけど,実際には,f(x)も合成関数である,つまり,f_n(f_{n-1}(¥cdots f_2(f_1(x))¥cdots)みたいなこともあるわけですね.そのときは合成微分の法則を繰り返して使って,f_n’¥times f_{n-1}’¥times¥cdots¥times f_2’f_1’となるわけです.
  • どこでf,gをわけるか?fxを含む1個のかたまりとしたらいいですね.