樋口三郎の授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

授業情報@龍谷大学理工学部数理情報学科

quizにコメント

quiz 5.1(c)で,線積分の上下端は

¥int^{t_{¥text{shuten}}}_{t_{¥text{shiten}}} ¥cdots ¥mathrm{d}t

となります.始点終点のtの値の大小とは関係ありません.

C_1,C_2,C_3 の向きはもともとの折れ線の積分路の向きから定まります.

そうそう,¥mathbf{V}(¥mathbf{r})は太字だけどV_1(¥mathbf{r})は細字です.V_1はベクトルじゃなくてその成分で1個の数でしょ.

広告を非表示にする